イベント情報 (展覧会)

  • 202210_4_20221106%E6%9C%9D%E5%80%89%E5%BD%AB%E5%A1%91%E9%A4%A8_%E3%82%A2%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%81%AE%E6%9C%9D%E5%80%89%E6%96%87%E5%A4%AB_A4_WEB%E7%94%A8_1_.jpg202210_4_20221106%E6%9C%9D%E5%80%89%E5%BD%AB%E5%A1%91%E9%A4%A8_%E3%82%A2%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%81%AE%E6%9C%9D%E5%80%89%E6%96%87%E5%A4%AB_A4_WEB%E7%94%A8-2.jpg

    生誕140年特別展「アトリエの朝倉文夫」

    【開催日時】
    2023年1月21日(土)~5月28日(日) 9:30~16:30(入館は16:00まで)

    【開催場所】
    台東区立朝倉彫塑館

    【内容】
    2023年は、彫刻家 朝倉文夫(1883~1964)生誕140年にあたります。これを記念し、創作活動の拠点であった生前のアトリエを、古写真をもとに再現し、朝倉文夫その人の魅力に迫る特別展を開催いたします。

    【料金】
    入館料500円

    【主催者】
    公益財団法人 台東区芸術文化財団

    【お問い合わせ先】
    朝倉彫塑館
    03-3821-4549

    【Webサイト】
    https://www.taitocity.net/zaidan/asakura/exhibitions/e_special/

    【バリアフリー対応】
    ・車イスはアトリエのみ見学可能です。
    ・視覚障害の方は触ってご覧いただける作品があります。

  • 202210%E4%B8%8B%E7%94%BA%E9%A2%A8%E4%BF%97%E8%B3%87%E6%96%99%E9%A4%A8_%E4%BB%A4%E5%92%8C4%E5%B9%B4_%E7%89%B9%E5%88%A5%E5%B1%95%E3%83%81%E3%83%A9%E3%82%B7%E7%94%BB%E5%83%8F.jpg

    特別展「明治・大正・昭和の子供たち ー資料でつづる下町の子供の世界ー」

    【開催日時】
    2022年12月3日(土)~2023年3月31日(金)

    【内容】
    今回の展示は、明治・大正・昭和の時代の子供たちの日常に焦点をあて、下町に生まれ、周囲の人々に見守られながら、様ざまな人間関係を築き成長していく過程で欠くことのできない暮らし、遊び、学びについて、当館所蔵の資料を中心に紹介する。

    【料金】
    施設入館料 大人300円、小中高校生100円

    【主催者】
    台東区立下町風俗資料館

    【お問い合わせ先】
    台東区立下町風俗資料館
    03-3823-7451
    sitamati@taitocity.net

    【Webサイト】
    https://www.taitocity.net/zaidan/shitamachi/

    【バリアフリー対応】
    車いす, だれでもトイレ

  • 2022-23%E5%86%AC%E5%AD%A3%E3%83%9D%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC.jpg

    2022-23冬季テーマ展 中川一政 書と墨蹟コレクションの世界

    【開催日時】
    2022年11月29日(火)~2023年2月26日(日)
    開館時間:9時~17時(入館は16:30まで)
    休館日:月曜日(ただし1/9(月・祝)開館、1/10(火)休館)、年末年始(12/29~1/3)

    【開催場所】
    白山市立松任中川一政記念美術館

    【内容】
    中川一政(1893-1991、画家・文化勲章受章者)が70歳代半ばから精力的に取り組んだものに「書」があります。絵画がそうであったように書もまた独学でしたが、独自の表現を切り拓くエネルギーを与えたものに禅僧の書・墨蹟があります。
    「坊さんの書は手筋を論ずる暇がない。いきなり人の心をうってくるものがある。その一点一劃に精神の力が宿っているのである。」(「書を書くこと」『随筆八十八』1980年講談社)と中川が記す墨蹟の力は、そのまま中川の書の魅力にも重なります。
    本展では、融通無碍の境地に展開される中川の書と共に、彼が蒐集した墨蹟を公開します。上手下手を超え、精神の力が込められた一筆を尊ぶ墨蹟と、それに鼓舞された中川の書の世界を紹介します。

    【料金】
    一般200円(100円)、高校生100円(50円)、中学生以下無料
    ※( )内は20名以上の団体料金 ※障がい者手帳を提示の方とその介護者1名は無料

    【主催者】
    白山市・白山市立松任中川一政記念美術館

    【お問い合わせ先】
    白山市立松任中川一政記念美術館
    076-275-7532
    nakagawakinen@city.hakusan.ishikawa.jp

    【Webサイト】
    https://www.hakusan-museum.jp/nakagawakinen/

    【外国語対応】
    多言語パンフレット

    【バリアフリー対応】
    車いす


    【屋内/屋外】
    屋内


    【参加型/観覧型】
    観覧型

    【駐車場】
    8台

    ラベル
  • %E7%AC%AC18%E5%9B%9E4%E3%82%B3%E3%83%9E%E3%81%BE%E3%82%93%E3%81%8C%E5%A4%A7%E8%B3%9E%E4%BD%9C%E5%93%81%E5%B1%95%E3%83%81%E3%83%A9%E3%82%B7%E8%B5%A4%E8%89%B2.jpg

    第18回まんがの日記念・4コマまんが大賞作品展

    【開催日時】
    2022年12月17日~2023年1月9日
    12月27日~1月4日・月曜日は休館、祝日は開館

    【開催場所】
    高知市立自由民権記念館

    【内容】
    高知市と横山隆一記念まんが館で募集した「第18回まんがの日記念・4コマまんが大賞」応募作品1,072点から選ばれた、入賞作品や一次審査通過作品などを展示します。また、惜しくも入賞を逃した作品を対象に、来場者の投票で決定するギャラリー賞も実施します。4コマまんがの審査員になってみませんか?

    【料金】
    無料

    【主催者】
    公益財団法人高知市文化振興事業団 横山隆一記念まんが館

    【お問い合わせ先】
    横山隆一記念まんが館
    088-883-5029
    mangakan@kfca.jp

    【Webサイト】
    http://www.kfca.jp/mangakan/

    【外国語対応】
    特になし

    【バリアフリー対応】
    車いす


    【屋内/屋外】
    屋内


    【参加型/観覧型】
    観覧型

    【駐車場】
    60台

    ラベル
  • 講演会 京都の学校建築と美術――新しい校舎を飾る祝いの絵画――

    【開催日時】
    2022年12月18日(日)14時00分~15時30分

    【開催場所】
    京都市学校歴史博物館

    【出演者】
    森田 淑乃(当館 学芸員)

    【内容】
    学校に伝わる絵画には、校舎の新築・改築に際しておくられた、新しい学校を祝う作品があります。また、校舎を撮影した写真は、校舎の新築や改築を祝う記念誌をはじめとし、学校の周年記念や閉校に際した記念誌にも掲載されており、当時の様子をうかがうことができます。本講演会では、新しい校舎を祝って学校に贈られた絵画と、記念誌に載せられた校舎の写真をみながら、絵画や写真が伝える校舎建築が果たした役割についても探ります。絵画や写真を通して、学校校舎の価値について改めて紹介します。

    【料金】
    無料(別途入館料¥400が必要。あわせて常設展・企画展も当日ご覧いただけます。)
    ※各種割引あり ※障害者手帳等を提示の方無料(介助者1名を含む)
    ※市内の中学生は無料

    【主催者】
    京都市学校歴史博物館

    【お問い合わせ先】
    京都市学校歴史博物館(下京区御幸町通仏光寺下る橘町437 元開智小学校)
    075-344-1305(9時~17時・水曜休館)
    rekihaku-jigyou@edu.city.kyoto.jp

    【Webサイト】
    http://kyo-gakurehaku.jp/

    【備考】
    当館では新型コロナウイルス感染防止対策を実施するとともに、来館者の皆様には、マスクの着用(ご持参)、検温、手指の消毒をお願いしています。
    当日、体調不良の場合はご参加をお控えください。

    【バリアフリー対応】
    手話, ※手話通訳が必要な方は、令和4年12月8日(木)までにご予約ください。

  • 天神アートプロジェクト

    【開催日時】
    2022年12月5日(月)〜12月16日(金)

    【開催場所】
    天神センタービル 福岡県福岡市中央区天神2丁目14−8

    【出演者】
    九州大学アートコレクティブ

    【内容】
    天神ビッグバンに伴う、天神都心部空きスペースを活用して、土地の記憶を呼び覚ますアート作品を企画・制作・展示し、働く人々、訪れる人々に新たなコミュニケーションを喚起するスペシャルイベント

    【料金】
    無料

    【主催者】
    齋藤俊文研究室(九州大学大学院芸術工学研究院)、天神明治通り街づくり協議会

    【お問い合わせ先】
    齋藤俊文研究室(九州大学大学院芸術工学研究院)
    saito@design.kyushu-u.ac.jp

  • %E6%B8%88%E7%A2%BA%E8%AA%8D%E7%94%A8%E8%A1%A8.jpg%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0%E6%B8%88%E7%A2%BA%E8%AA%8D%E7%94%A8%E8%A3%8F_.jpg

    企画展「勉強っておもしろい?」

    【開催日時】
    2022年11月26日(土)~2023年1月15日(日)午前9時~午後5時(入館は4時30分まで)
    毎週月曜日(1月9日は開館)12月28日(水)~1月4日(水)

    【開催場所】
    安城市安城町城堀30番地, 安城市歴史博物館

    【内容】
    企画展「勉強っておもしろい?」
    誰しも一度は「勉強っておもしろい?」「何のために学ぶの?」と考えたことがあるのではないでしょうか。
    一般的な学びの場は、近世後期には手習塾、近代以降では学校へと移っていきます。さらに、家庭や地域でも、実生活に必要な知識の習得や将来の仕事を見据えた勉強を行っていました。そして、それは現在の学校教育・生涯学習のあり方に大きな影響を与えています。
     明治5年(1872)に学制が発布され、令和4年は近代教育制度が確立されてから150年の記念の年です。本展示では、市域に残された資料等を、近世後期から現代にかけての教育に焦点を当てて紹介します。
    この機会に、勉強のおもしろさや学ぶ意義について問い直してみませんか。

    【料金】
    観覧無料

    【主催者】
    安城市歴史博物館

    【お問い合わせ先】
    安城市歴史博物館
    0566776655

    【Webサイト】
    公式HP https://ansyobunka.jp/ 
    Instagram https://www.instagram.com/anshobunkanosato/
    Twitter https://twitter.com/anshobunka
    Facebook https://www.facebook.com/anjo.city.museum.of.history/

    【外国語対応】
    翻訳端末での対応

    【バリアフリー対応】
    車いす


    【屋内/屋外】
    屋内


    【参加型/観覧型】
    観覧型

    【駐車場】
    230台

    ラベル
  • 2023 別府大学卒業制作展

    【開催日時】
    2023年2月7日(火)~12日(日)、10時~19時(最終日は16時まで)

    【開催場所】
    大分県立美術館(OPAM)

    【内容】
    芸術表現コース学生の4年間の芸術政策・研究の成果発表(実技領域の絵画、マンガ、デザイン、映像・アニメーションの卒業制作、および理論領域の美術史、言語文化の卒業論文概要の展示)

    【お問い合わせ先】
    別府大学文学部国際言語・文化学科
    0977-67-0101

  • 11_29_SCOPE_MIAMI_BEACH_cultureNIPPON%E7%94%BB%E5%83%8F.png

    SCOPE MIAMI BEACH 2022~Japan Art Zone~

    【開催日時】
    2022年11月29日(火)~12月4日(日)

    【開催場所】
    SCOPE MIAMI BEACH PAVILION 801 Ocean Drive, Miami Beach, FL 33139, United States

    【内容】
    今年で21回目を迎える「SCOPE MIAMI BEACH」は、アメリカ・フロリダ州のマイアミビーチで開催される、現代アート作家が集う世界屈指のアートフェアです。昨年は、140の国と地域から現代アート作家が出展し、6日間の会期中に約10万人が訪れています。

    21回目となる今回は、昨年同様に「一般社団法人ジャパンプロモーション」もブースを構え、矢島康弘氏(画家)、星野友利氏(日本画家)、平井知行氏(油彩画家)、濵崎壽賀子氏(書作家)、羽下昌方氏(画家/陶芸家)、計5名による出展を全面的にバックアップしています。

    【料金】
    $60(1Dayパス)

    【主催者】
    一般社団法人ジャパンプロモーション

    【お問い合わせ先】
    一般社団法人ジャパンプロモーション(担当:大足)
    03-5766-2450

    【Webサイト】
    SCOPE MIAMI BEACH
    https://scope-art.com/

    一般社団法人ジャパンプロモーション
    http://www.japanpromotion.org/

    【外国語対応】
    英語

    【バリアフリー対応】
    車いす


    【屋内/屋外】
    屋内


    【参加型/観覧型】
    観覧型

    【駐車場】
    なし

    ラベル
  • 「伝統と創意」第77回 日本書芸院展(役員展)

    【開催日時】
    令和5年4月26日(水)~4月30日(日)
    午前10時~午後5時(入場は午後4時30分まで)

    【開催場所】
    大阪市北区中之島5-3-51, グランキューブ大阪/大阪国際会議場

    【出演者】
    最高顧問から評議員まで全役員・役職者及び魁星作家

    【内容】
    最高顧問から評議員まで全役員・役職者及び魁星作家の作品展示、ギャラリートーク、列品解説会
    記念講演会

    【料金】
    無料

    【主催者】
    公益社団法人日本書芸院・読売新聞社

    【お問い合わせ先】
    0669454501
    0669454501
    info@nihonshogeiin.or.jp

    【Webサイト】
    https://www.nihonshogeiin.or.jp/